リード(6982)

リード【6982】の企業情報

企業名 リード
市場 東証2部
業種 輸送用機器
事業内容 営業品目として自動車用部品(BEAM、アルミ成形品、樹脂塗装品、ハンドブレーキバー樹脂成型品)、電子機器関連ラック・ケース類などを取り扱う。
関連テーマ

リード【6982】の株価推移・材料

日刊工業新聞で報じられた技術開発の内容が材料視され株価急騰!!

リード(6982)はSUBARU(7270)向けの自動車部材・部品生産が主体で、シャーシ、バンパー、スポイラーなどを取り扱っている会社ですが、2020年11月20日付の日刊工業新聞で“自動車用外装部品で熱に伴う収縮変化を防ぐアニール処理を行わず品質を維持できる技術を確立した”と報じられたことが材料視され、2020年12月1日高値1,976円まで一気に株価を上げる展開となりましたね。

記事の内容によると、同社が材料メーカーと開発した「収縮変化に強い材料」を用い工程を短縮することで、部品費を15~30%も削減することが出来るようです。

専門的なことは分かりませんが、部品費を大幅に削減できるのは大きくコストカットに繋がってきそうですね。

来年2021年度中にも適用部品の量産を始めるようで、主要顧客であるSUBARUへ納入する予定のようです。

同社は2020年7~9月期(2Q)の経常損益が3900万円の赤字となり、上期経常は1億8100万円の赤字に転落となってますが、新柄コロナウイルス感染症の拡大により減産が続いていたSUBARUの世界生産台数が回復に向かい、操業停止や生産調整等による落ち込みが戻ってくることを期待したいですね。

リードの2021年3月期の業績予想

2021年3月期の業績予想は売上高が前年同期比27.1%減の47億円で、営業利益、経常利益、当期純利益は赤字見通しとなってますが、電気自動車(EV)関連需要への期待感もありそうな感じでしょうか。

12月1日取引終了後、東京証券取引所と日本証券金融が12月2日売買分より信用取引に関する臨時措置を実施することを発表し、売られる展開になりましたが、900円割れあたりで買われ底堅い動きをしてきていますね。

EV関連というテーマ性や、時価総額の軽さなどから再び物色されてくるかもしれないので、今後の株価推移にも注目しておきたい銘柄ではないでしょうか。

リードの急騰を予想したオススメの株情報サイト

リード(6982)は時価総額の軽さもあってか短期で株価5.5倍超えという物凄い急騰をみせましたが、同社株にいち早く注目し情報配信していた株情報サイトが「株エヴァンジェリスト」です。

同サイト内で見れる「推奨実績」にて公開となっているので書きますが、リード(6982)は2020年11月20日時点で情報配信されています。

配信時株価247円から2020年12月1日高値1,976円で最大上昇率+469.45%という株価推移をみせてますが、100株だけでも+17万ほどとなるので配信情報を見て同社株を100株、200株、300株と買われていた方は短期で結構なプラスとなっていたりするのではないでしょうか。

株エヴァンジェリストは旬なテーマ性に絡んだ銘柄や買い材料のある銘柄を分析し情報提供してきている印象ですが、株式投資は選ぶ銘柄次第で投資資金が短期で2倍、3倍となったりするのが本当に魅力的ですよね。

株取引は“いま買いどきの銘柄を上手く狙えるかどうか”で収支が大きく違ってくるかと思うので、リアルタイムにテーマ株情報や材料株の情報を配信してくれるサイトは日々のトレードにとても有用性が高いと思います。

株取引を行っていて、乗り遅れることが多い人や、株価が上がってから材料に気付くことが多いという人は、「情報収集」をもう少し意識した方がいいかもしれませんね。

株エヴァンジェリスト」は株-1グランプリ最多優勝ホルダーである「結城はるみ」さんがストラテジー顧問をしている株情報サイトで、数ある株情報サイトの中でも知名度の高いサイトかと思いますが、いま『業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株』を紹介してくれるので、リードのような短期急騰株を掴んでみたいと少しでも思われる方は、試しにでも一度配信されている銘柄情報を参照してみるといいと思います。

結城はるみさん(旧:向後はるみ)は急騰株をいくつも当て「投資の女神」の異名を持つ人ですが、2020年7月の株-1グランプリで出されてた「GMOフィナンシャルゲート(4051)」も年初来高値を2020年10月15日高値30,050円まで更新と、物凄く株価を上げましたね。

GMOフィナンシャルゲートの株価チャート

GMOフィナンシャルゲートは7月17日安値4,965円から10月15日高値30,050円で値幅が25,085円もあるので、ネガサ株のこの値上がりを上手くトレード出来た方は結構お財布が潤ったことかと思います。

株エヴァンジェリストを利用されている方が配信された銘柄で手持ち資金を大きく増やされているのではないかと考えると、今後の配信銘柄にも資金が向かう可能性が高そうと言えるのではないでしょうか。

2020年も新型コロナウイルス関連や、菅義偉新首相の政策関連など、色々とテーマ株が盛り上がりをみせましたが、相場の流れに沿った銘柄を上手く狙い、手持ち資金を大きく増やしていきたいと思われる方は、株価2倍、3倍となるような上昇事例を数多く残してきている「株エヴァンジェリスト」が配信する今後のテーマ株情報などを、しっかりと見逃さないようにチェックしてみることをお勧めします。

株式投資の相場格言に「当たり屋につけ」という言葉がありますが、“急騰株を当ててきている株情報サイトを上手く活用すること”は日々トレードを行っていく上で大きなアドバンテージになるかと思うので、まだ配信情報を見ていないという方は、是非ご自身の目で推奨銘柄のパフォーマンスなどを確認してみて下さい。

配信銘柄 配信日/株価 高値日/高値 最大上昇率
リード(6982) 20/11/20
347円
20/12/01
1976円
+469.45%
投資顧問・株情報サイト【株エヴァンジェリスト】