人工知能(AI)関連銘柄の中から注目の低位株2選

本ページはプロモーションが含まれています

人工知能(AI)関連株のように市場規模が大きく関連する銘柄も多い場合、銘柄選びが難しくなりがち。

そこで今回はあらゆる技術系分野で必要不可欠となってきている人工知能(AI)関連株の中から、低位株に着目してご紹介いたします。

本命株・出遅れ株などのその他注目株はこちら↓

2024.07.01

AI(人工知能)関連銘柄の大化け・テンバガー(株価10倍)候補本命株5選

人工知能(AI)関連銘柄の低位株

人工知能(AI)関連銘柄の中で株価が500円以下(2024/6/14時点)の銘柄をピックアップしました。

証券コード 銘柄名 時価総額
(百万円)
PER
(会社予想)
配当利回り(%)
(会社予想)
2173 博展 8,007 9.31 3.43
2315 CAICA DIGITAL 8,603 63.00
2317 システナ 134,362 19.57 4.03
2321 ソフトフロントホールディングス 2,470
2330 フォーサイド 8,404 84.15
2338 クオンタムソリューションズ 21,685 2,160.87
2345 クシム 4,401
2468 フュートレック 2,395
2667 イメージワン 3,706
3189 ANAP 1,495
3627 テクミラホールディングス 4,991 23.63 1.25
3639 ボルテージ 1,687
3657 ポールトゥウィンホールディングス 18,925 71.26 3.23
3680 ホットリンク 5,476 57.84
3719 ジェクシード 3,741 169.23
3747 インタートレード 3,142 380.18
3768 リスクモンスター 3,643 19.50 3.14
3776 ブロードバンドタワー 13,628 122.78 0.90
3826 システムインテグレータ 4,088 36.97 1.36
3908 コラボス 1,558 145.74
3909 ショーケース 2,640 28.57
3928 マイネット 2,901 17.00 1.28
3985 テモナ 2,422
3987 エコモット 2,438 52.92
3992 ニーズウェル 15,059 14.38 2.43
4167 ココペリ 3,491 1,696.15
4173 WACUL 3,412 15.87
4259 エクサウィザーズ 29,473
4265 Institution for a Global Society 1,934 55.28
4293 セプテーニ・ホールディングス 73,352 11.06 7.90
4370 モビルス 2,437
4392 FIG 10,575 10.14 1.49
4416 True Data 2,088 24.00
4427 EduLab 2,833
4596 窪田製薬ホールディングス 3,997
4814 ネクストウェア 2,174 211.39
4826 CIJ 30,326 22.34 2.42
4829 日本エンタープライズ 5,279 25.14 2.19
4889 レナサイエンス 4,818
4902 コニカミノルタ 230,170
5028 セカンドサイトアナリティカ 3,524 26.93
5131 リンカーズ 2,584
5255 モンスターラボホールディングス 10,950
6081 アライドアーキテクツ 3,106 61.93
6185 SMN 4,500 111.27
6572 オープングループ 16,866 45.78
6573 アジャイルメディア・ネットワーク 2,670
6634 ネクスグループ 3,690 22.74
6663 太洋テクノレックス 1,858 83.78 0.97
7041 CRGホールディングス 2,740 45.34
7044 ピアラ 1,924 19.29
7527 システムソフト 5,429 83.12
7779 CYBERDYNE 28,589
9432 日本電信電話(NTT) 13,265,621 11.20 3.55
9553 マイクロアド 12,228 21.57

人工知能(AI)関連銘柄は様々な業種の中で人工知能(AI)にも関連しているというケースが多いため、低位株だけでもこれだけの数となりました。

もちろん株価は毎日変動しますので、相場状況によって増えるかもしれませんし、減るかもしれません。

この中で注目するとすればクオンタムソリューションズ(2338)ココペリ(4167)あたりでしょうか。

人工知能(AI)関連銘柄の低位株 クオンタムソリューションズ(2338)

2338 クオンタムソリューションズの株価チャート

クオンタムソリューションズ(2338)は、主にAIを活用したサービスの提供に必要な、大量かつ高速の計算処理に使用されるエヌビディア(NVIDIA)製搭載GPUサーバーの販売・流通サービスを新規事業として開始。

期待値は高いものの検収・納品がずれ込んで決算に影響するなどがあり、これらが株価が伸び悩んでいる要因かもしれません。

しかしテーマ性としては十分すぎる爆発力もあり、常に監視対象にしていてもよさそうな銘柄です。

人工知能(AI)関連銘柄の低位株 ココペリ(4167)

4167 ココペリの株価チャート

ココペリ(4167)は中小企業経営・DX支援を行っており、2024年6月、中小企業DX支援プラットフォーム「Big Advance」が AWSの認定ソフトウェアとして正式認定されました。

AIを活用しながらも行っている事業が中小企業経営・DX支援であることから、地銀関連株とも連携しての動きも期待できます。ただ2020年IPOから見てみると逆テンバガーとも言える状態になっているので、ここから新規で見るという考え方がよさそう。

低位株というだけで狙うのは要注意

投資家歴の長い方にとっては当たり前のことですが、株価が安いからといって安易に買ってしまうのは要注意です。

ただ一方で、材料や業績度外視で急騰する事が起こり得るのが低位株のひとつの魅力でもあるので、低位株だけを狙う方も未だにいらっしゃるかと思います。

  • 相場全体が買いトレンド傾向にある
  • テーマ株の本命が強く物色される
  • 急な材料が出る

例えば上記のようなきっかけで一気に上昇する場合があるので、安易に買わずとも監視しておいても損はないかと思います。

もし人工知能(AI)関連銘柄に限らず、低位株を探してみたい方は下記のような株情報サイトなども参考にしながら幅広く情報を集めておくことも重要かもしれません。

メールアドレスを用意して、無料のメルマガ登録をしておけば、毎日の配信銘柄をチェックできるのでおすすめです。

株エヴァンジェリスト

どうしても利益獲得を狙いたい全個人投資家必見!

各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと坂本慎太郎氏が分析者・投資判断者および助言者を務める株情報サイト。Bコミ氏は「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せました。そんなBコミ氏が選定した『真の利益追求候補株』を即日配信してくれるので必見です。

新生ジャパン投資

今なら次なる大化け候補株を無料で配信中!

かつてラジオNIKKEI第1で放送されていた株式情報番組でコメンテーターをしていた高山緑星(本名:前池英樹)氏が代表を務めている株情報サイト。テーマ株の先読みに強く、無料で閲覧できる【朝刊】にて「本日の無料推奨銘柄」として紹介されていた多くの銘柄が上昇を見せてきました。また日経225をはじめとする全体相場の未来予測に定評があり、相場の転換点を次々と的中させてきた前池氏。現在までに「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、個別株、特にテーマ株の先読みに強い理由もわかります。そんな前池氏が推奨する『次なる大化け候補株』は注目に値します。

株取引を行っていると、何でこんなに株価を上げたのだろう?と思うような銘柄があったりするかと思いますが、株価を上げる背景として「利用者が多い株情報サイトが紹介したから」というのもあるかと思います。

最新の注目銘柄に関する情報などをリアルタイムにチェックでき、そうした株価の動きに上手く乗れたりするかと思うので、まだ株情報サイトを活用せずトレードされている方は、株情報を収集する用のメールアドレスを作り、そうしたサイトを上手く活用することで、より視野の広いトレードを行えるようになるのではないでしょうか。

相場格言に「当たり屋につけ」という言葉がありますが、“株価2倍、3倍となるような上昇事例を数多く残してきている株情報サイトを上手く活用すること”は株式投資を行っていく上で大きなアドバンテージとなってくるかと思うので、まだ配信情報をチェックされていないという方は上記リンク先よりメルマガ登録し、是非ご自身の目で推奨銘柄のパフォーマンスなどを確認してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

リョウジ(テーマ株チェッカー運営チーム)

運営チーム統括。株式投資歴15年以上の30代後半。日々のマーケットの動きを注意深く観察し、リスク管理と長期的な視点を重視した投資戦略で収益は比較的安定。愛犬と過ごす時間を大切にしており、散歩の時間は長め。投資家仲間や友人と情報交換を行いながら、常に最新の市場トレンド、株式テーマをキャッチアップし、短期トレードの儲けのコツ「テーマ株・材料銘柄投資」に関する役立つ情報をご紹介しています。