5G関連銘柄

5G関連銘柄のトップ画像

国策銘柄の一つとして話題の5G関連銘柄。今の段階から注目するのはもちろん、5Gの実用性を考えると、実用化以降も研究・開発によって新たな関連銘柄が続出するのではないかと思われます。

4Gの次となる5Gと聞いて、「これ以上の速さは必要ない」と思っている方もいるのではないでしょうか?スマートフォンや携帯電話に関しては、もちろんそうかもしれません。
しかし、5GはIoTや自動運転の基盤となる必須の技術なんです。

つまり、5G関連銘柄が盛り上がってから、IoTや自動運転関連銘柄が本格的に盛り上がりを見せるといっても過言ではありません。

銘柄を買うのはまず技術そのものを知ってから。
5Gの「G」とは?一体どんな技術なのか?4Gと比べてどれくらい速いのか?そして、この5Gによって私たちの生活はどう変わるのか?これらすべての疑問にお答えします。

また、5G関連銘柄として人気を集めている本命銘柄はもちろん、出遅れ・狙い目の大穴銘柄も合わせて12銘柄ご紹介します。2020年東京オリンピックに向けて国を挙げての政策。この国策銘柄をお見逃しなく。

5G(第5世代移動通信システム)とは

5Gとは、現在私たちの携帯電話に使われている通信システム4GやLTEの次となる「第5世代移動通信システム」です。これまで約10年ごとに進化を遂げてきた移動通信システムですが、次の世代となる5Gは10Gbps以上もの通信速度になると言われています。

そもそも「G」とは?

主に携帯電話などに使われている通信移動システム「4G」や、その次の世代の「5G」。この「G」とは「Gneration:ジェネレーション」の略で、「世代」という意味を表します。つまり、4Gは第4世代、5Gは第5世代となり、もちろん1Gや2Gも存在します。では、1G~5Gは具体的に何が違うのでしょうか?

1G~4G(LTE)と5Gの違いは?

飛躍的に成長し続けている移動通信システムですが、一体どう進化してきたのでしょうか?そして、その違いはどこにあるのか?進化を辿る前に、軽く単位の説明をしておきます。

単位 読み方 補足
b ビット bit コンピュータが扱うデータで最小の単位。
B バイト Byte 1B=8bit – 半角英数1文字相当。
KB キロバイト KiloByte 1KB=1,000B – Kは千倍の意味
MB メガバイト MegaByte 1MB=1,000KB=1,000,000B – Mは百万倍の意味
GB ギガバイト GigaByte 1GB=1,000MB=1,000,000,000B – Gは十億倍の意味

また、通信速度を表す際に「bps:ビットパーセコンド」が使われます。これは「1秒間に何bit転送できるか」を表します。例えば「1Gbps」は「毎秒十億ビットの転送が可能」という意味です。これをバイトに変換すると、8bit=1Bなので125MBとなり、結果「毎秒125MBの転送ができる」ということになります。

前述したように1G~5Gの「G」は、Generationの略なので「GB」や「Gpbs」のGと混合しないよう気を付けてください。

「1G」移動通信システムの始まり

一番初めに利用された移動通信システムは、もちろん第1世代「1G」です。遡ること32年、日本で初めての携帯電話が「ショルダーホン」になります。アナログ回線のため、文字や写真などのデータを送受信する「データ通信」はなく、通話機能のみでした。

「2G」ついにデジタル化

通信速度:2.4Kbps~28.8Kbps(毎秒300B~3.6KB)

1Gと2Gの大きな違いは、何と言ってもデジタル化によりデータ通信が可能となったことです。インターネットを通じてサイトを閲覧でき、携帯専用サイトなどが作られました。また、データを分割して送信することで障害に強く、誤送信の少ない「パケット通信」が開発され、この技術は現在でも利用されています。

「3G」パソコンと同じサイトが閲覧可能に

通信速度:384Kbps~14Mbps(毎秒48KB~1.75MB)

3Gによりパソコンと同じサイトを携帯で見ることができるようになり、それとほぼ同時期に、iPhoneを筆頭とするスマートフォンの普及が始まりました。通信システム、コンテンツ、そして携帯電話自体が大きな進歩を見せ、今まで以上に生活の中に無くてはならないものになりました。

「4G・LTE」屋外で動画・ゲームが楽しめる

通信速度:50Mbps~1Gbps(毎秒6.25MB~125MB)

2017年現在提供されている最新の通信システムが4Gです。
また、LTEとは「長期的進化」という意味の「Long Term Evolution:ロングタームエボリューション」を略した言葉です。簡単にいうと、3Gと4Gの繋ぎ役という立場と定義されていました。しかし、今では定義が改変され、LTEも4Gに含まれたので同じものと考えて大丈夫です。

今まで以上に高速な通信速度により、外出先でもYouTubeなどの高画質な動画やリアルタイムで対戦したりグラフィックが綺麗なゲームを楽しめるようになりました。

「5G」スマートフォンだけに留まらずIoT化へ

通信速度:10Gbps以上(毎秒1.25GB以上)

4Gまでは携帯電話・スマートフォンの通信高速化が主な目的でした、しかし5Gになるとそれだけには留まらず、IoTと呼ばれる新たなステージへ足を踏み入れます。

IoTとは「Internet of Things:インターネットオブシングス」の略で「モノのインターネット」という意味になります。これは、私たちの身の回りの「モノ」をインターネットに繋げることで、「今日の天気を教えてくれる傘立て」や「賞味期限の近い食材を教えてくれる冷蔵庫」など、身の回りのモノから情報を受け取ることが可能になる技術です。

5Gは、10Gbps以上の通信速度、0.001秒の遅延、4Gの100倍もの同時接続可能台数などを目標としています。この10Gbpsとは、毎秒1.25GBの転送速度で、大体2時間の映画を3秒でダウンロードできる速さになります。また、すでに2016年にはNTTドコモが実験で20Gbpsの通信速度を達成しています。

5Gが実用化・普及するとともに、IoT化も急速に進むと思われますが、その実用化は一体いつになるのでしょうか?

5Gの実用化はいつ?

今まで以上に大きな進歩を見せるであろう5Gは、2020年の実装が目指されており、東京オリンピックでのアピールになるとされています。国を挙げての政策、つまり国策銘柄でもある5G関連は、総務省によるロードマップも公表されています。

5Gは2020年に実現!総務省によるロードマップ

総務省による5Gロードマップ

このように、2020年の東京オリンピックに向けて実装を目指しており、5Gを活用することでオリンピックの8K画質での放送でアピールできるとしています。また、他にもサービスを複合して提供することが可能になり、さらなる高品質なサービス「リッチサービス」の提供に期待が高まっています。

総務省が5G大規模実証実験の開始をアナウンス

2017年5月16日、総務省は5G総合実証試験の開始を発表しました。
また、実施概要によると実験内容は以下のようになります。

  • 高精細な映像コンテンツ配信・自由視点映像の同時配信 – 5Gbpsの超高速通信の実現
  • 遠隔治療や建機・車両の遠隔操作 – 1msの低遅延通信の実現
  • 鉄道・バスなどの高速移動体に対する高精細映像の配信 – 2Gbpsの高速通信の実現
  • IoTを活用することで物流管理や在庫管理を効率化 – 100万台/k㎡の同時接続の実現

このように、主にIoTを見据えての実験内容となっており、やはり5GはIoTには欠かせない技術のようです。では、総務省は5Gを使ってどのような未来を目標としているのでしょうか?

5Gが実現する社会

5Gが実現する社会のイメージ

総務省の発表した「5Gが実現する社会のイメージ」では、360°見渡せるスポーツ観戦や、通るだけで合計金額が産出されるレジ、ドローンや無人重機による自動・遠隔での仕事など様々な場面でのIoT化が可能となっています。どれも大容量のデータを高速で転送できる5Gだからこそ実現できるサービスです。

次は、このイメージ画像にも出てくるドローンや映像配信など1つ1つに焦点を合わせて、具体的にどんな活用方法が提案されているのか、5Gによってどう変わるのか考察してみましょう。

5Gはスマホ・携帯電話以外にも大活躍

4Gまでの通信システムは、主に携帯電話での通信の高速化が目的でした。しかし5Gの場合、高速化だけでなくその用途の違いに注目です。身の回りのあらゆるモノをインターネットに繋げる「IoT」に使われる予定で、今後私たちの生活に大きな変化をもたらすとされています。

5Gが自動運転の開発を加速させる

テーマ株「自動運転銘柄」として有名な自動運転にも、5Gが活用される予定です。

例えば自動ブレーキで例えると、車に搭載したカメラなどのセンサが状況を判断し、事故が起こりそうな状況だと判断した場合に自動でブレーキを作動させます。現在使われている4Gの場合、システムが判断を下してから完全に止まるまで1メートル以上は進んでしまいます。

しかし、10Gbps以上の通信速度を誇る5Gなら、わずか数センチまで縮小することができ、リスクを大幅に減らすことが可能となります。

さらに「そもそも」の話をすると、自動運転が普及するととてつもない台数の車がインターネットに接続することとなり、負荷がかかることで通信速度が低下することがあるかもしれません。5Gで4Gの100倍もの同時接続台数を目指す背景には、このようなIoTへの活用を見据えた思惑があります。

これらのことから、5Gが実用化され普及すると、自動運転の開発は加速することとなる一方、5Gが提供されるまで私たちの理想とする自動運転は実現しないでしょう。

5Gでドローンが急成長

2015年辺りからデバイスの急成長により市場を拡大しているドローン。自由に任意の位置へ飛ばすことができることから、農薬の散布や配達など、現在でも様々な用途が提案・実現されています。

中でも5Gによって加速するのは「ドローンによる防犯」です。大量のデータを瞬時に送受信できる5Gなら、数千人の群衆の中から特定の人物を見つけることも容易になります。上空から数千人の顔をリアルタイムで認識・解析し、サーバーに登録された顔写真からの特定はもちろん、AIを使って攻撃性や緊張度・ストレスを解析し、要注意人物を割り出すことも可能です。

東京オリンピック時に活用されれば、世界へのアピールポイントにもなると思われます。

5Gを使えば8K映像がリアルタイムで配信可能に

先ほども出てきた8K映像でのオリンピックのリアルタイム配信。このサービスが注目される理由として、一番オリンピックに直接的なサービスとして、世界へ日本の技術力をアピールできるからかと思われます。

そして技術的にも注目は必須です。ただの8K映像での配信は、現在使われている4Gの通信速度でも可能性を持つと言われており、5Gとなるとできて当たり前のことになります。しかし、複数本の8K映像を使って臨場感ある配信を提供するというのがこのサービスの肝となります。

具体例として、リアルタイムで映像視点を動かせる「自由視点」があります。自由視点の場合、スポーツ観戦であれば自分の好きな席で見ることはもちろん、上から見たり、好きな選手の視点でその選手になりきたったり、はたまた競技場自体を動かして観戦することまで可能となります。

8K映像を4本合成することで3次元を作り出し、配信するこのサービスですが、600Mbpsの通信速度を要し、4Gではこれは不可能とされています。10Gpbs以上を誇る5Gならではのサービスと言えるでしょう。

5G関連銘柄【注目を集めている本命銘柄7選】

国策銘柄であることに加え、IoTや自動運転と関わりが深いことで非常に関心が高まっている5G関連銘柄は、すでに人気の本命とされる銘柄が複数存在します。今回はサイバーコムを筆頭とした、中でも特に話題に上がっている7銘柄をご紹介します。

[3852]サイバーコム

サイバーコム[3852]の株価チャート

サイバーコムは、通信分野を中心としたシステムの受託開発を行うソフトウェア開発事業を主軸とした会社です。中でも通信インフラに関わるシステムなど、通信分野の基盤となる部分を担っています。

LTE関連にも携わっており、次世代通信システムの5Gにも関わるのではないかと見られています。また、5GはIoTや自動運転に活用される通信技術である上に、サイバーコム自体も車載機器も手掛けているので、5G関連銘柄だけでなく、自動車運転関連銘柄としても見ることができます。

5Gと自動運転はどちらも国策とされており、そのどちらにも関わる面白い銘柄だと思います。「国策に売りなし」という相場格言もあるので、これからどうなるか注目して起きたいですね。

[8226]理経

理経[8226]の株価チャート

理経は、IT機器の輸入販売を手掛ける技術商社です。主に大学や官庁向けの新技術を取り込んだり、衛星通信技術に強みを持っています。

5Gでは、アンテナには送信用8本・受信用8本のアンテナを使う「8×8 MIMO」が規定となっています。このMIMOは「Multi Input Multi Output:複数での入出力」を略したもので、複数のアンテナでデータを送受信することで高速化を図る無線通信技術です。

そして理経は、『スペインのEMITE社と無線通信のネットウエル社と共同で、「EMITE社8×8 MIMOアナライザー」のサービスやメンテナンスを事業化する』と発表しました。元々、モバイル基地局最適化ツールを取り扱っており、そのノウハウを活用することで今回の事業の一部を担うそうです。

今後主流となる5Gに対応したこの製品は、多くの通信機器関連メーカーからの需要が見込まれるとして期待を高めています。

[6778]アルチザネットワークス

アルチザネットワークス[6778]の株価チャート

アルチザネットワークスは、高速データ通信やIPネットワーク向けを主力とする通信機器メーカーです。基地局の性能を計測する通信計測器を世界の大手キャリアや大手ベンダーに提供しています。

4Gの進化版とされる「PREMIUM 4G」が、2017年8月以降に提供が決まっており、これに対応した計測器で世界トップシェアを誇っています。現在すでに5Gへの対応にも着手しているそうです。

5Gにも同社の技術開発力が活かせることに期待が高まっており、IoT関連・自動運転関連銘柄としての側面もある注目の銘柄です。

[6754]アンリツ

アンリツ[6754]の株価チャート

アンリツは、通信計測器の大手企業、携帯電話や基地局に関する事業を行っている他、5G向けソリューションも提供しています。2020年の東京オリンピックに向けての5G関連事業に注力しており、海外展開にも積極的な姿勢を見せています。

2017年7月、次世代無線通信用インターフェイスを発売しました。インターフェイスとは、コンピュータと周辺機器を接続する機器です。従来製品では、解析用コンピュータへのデータ転送に40秒要していましたが、今回の新製品で1秒以下と大幅な短縮に成功しました。

2017年4月末から5月にかけて大きく株価を上げており、世界的に有名な企業であることから、機関投資家・海外投資家からの買いでは?との思惑もあるようです。

[4748]構造計画研究所

構造計画研究所[4748]の株価チャート

構造計画研究所は、ネットワーク・電波伝搬など、電磁界解析を行っている会社です。注目すべきは5Gに対応した車載機器で、これにより5G関連銘柄、自動運転関連銘柄、IoT関連銘柄に含まれ、多くのテーマ性を持つ銘柄です。

また、研究機関や調査機関・その他関係機関との連絡調整や、情報収集により5Gの早期実現を図る「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」に参加しており、数々の大手企業とともに会員一覧に名を連ねています。

総務省による5G導入検討の報道時から株価を上げている銘柄で、材料・テーマの豊富さも兼ねて5G関連本命銘柄の一つとされています。

[6838]多摩川ホールディングス

多摩川ホールディングス[6838]の株価チャート

多摩川ホールディングスは、子会社である多摩川電子が5G事業に取り組んでいることを発表しました。

同社が公表した【5G(第5世代無線移動通信)関連事業に多摩川電子は取り組んでいます】によると、5Gは周波数が高く、高速である代わりに届く範囲が狭くなっているので、基地局を大量に設置する必要がある。よって超小型基地局や光伝送装置による再送信が想定されるので、それに対応できる製品を開発中とのことです。

この「光伝送装置による再送信」とは、範囲の狭い5Gの回線を受け取り、いったん光ファイバーで伝送し、目的地でまた再度電波に変換して届ける技術です。これにより、光ファイバーが通っていれば基地局が無くても5Gの電波を届けることが可能となり、完成すれば非常に需要が高いのではないかと思われます。

[6800]ヨコオ

ヨコオ[6800]の株価チャート

ヨコオは、車載用通信アンテナの国内大手で、半導体・スマートフォン用の回路検査機器も手掛ける電気機器メーカーです。

まだ明確な材料は出ていませんが、自動運転関連の5G事業に絡むかもしれないとして、注目が集まっています。横ばいが続いているから微妙かも・・という意見もありますが、
思惑での値上がりはテーマ株の醍醐味。注目されているからには、5G関連銘柄として頭の隅に置いておきたい銘柄です。

5G関連銘柄【これから上がる株?オススメの出遅れ・大穴銘柄5選】

5Gはまだ実験・開発段階であり、今後の成長が期待されるテーマ株。その為、先に紹介した本命銘柄以外にも、循環物色が向かう可能性を秘めた出遅れ・大穴銘柄が存在することは明らかです。

この先、5G関連相場が演じるテーマ物色の波を乗りこなすためにも、広くアンテナを張り巡らせておきたいところです。

[3842]ネクストジェン

ネクストジェン[3842]の株価チャート

ネクストジェンは、次世代通信網の制御システム開発が主力の会社です。また、大規模なネットワークの運用で得たノウハウを活用して、関連課題への解決策を提供するソリューションサービスも行っています。

ドコモがネクストジェンの通話管理システムを導入していることから、5G関連銘柄として見られています。しかし、ネクストジェンがドコモへ導入しているのは「U3 REC」などの企業向け通話録音サービスであり、5Gと直接的には関係ありません。あくまで出遅れ銘柄であり本命視することはできないので注意が必要です。

今後、5Gに関する事業拡大への期待とともに、値動きにもしっかり注目しておきたい銘柄です。

[3776]ブロードバンドタワー

ブロードバンドタワー[3776]の株価チャート

ブロードバンドタワーは、サーバーの運用・回線の提供を主力とした会社です。

まず初めに、ブロードバンドタワーの主力であるサーバーやネットワーク機器を運用するための建物を「データセンター」と呼びます。そして8月17日、ブロードバンドタワーが新たに開設予定の「5G対応データセンター」において、株式会社イードと協業するという発表がありました。

イードは、日本最大級の自動車情報サイト「レスポンス」の運営や、ユーザーの通信速度をビッグデータとして提供する「RBB SPEED TEST」を提供しており、通信業界とも深い関わりを持っています。AIを活用した自動車ビッグデータ解析サービスの開発を行っていることもあり、AI関連銘柄やビッグデータ関連銘柄として名を連ねる企業です。

新データセンターは東京都千代田区に開設予定で、ブロードバンドタワーの有するインターネット技術を元に、低PUE(PUE:エネルギー消費効率)を実現する、新世代都市型データセンターを目指す方針です。

通信インフラに強みを持つブロードバンドタワーと、それを活用する側であるイードの協業は、充分に好材料と言えるでしょう。

[7518]ネットワンシステムズ

ネットワンシステムズ[7518]の株価チャート

ネットワンシステムズは、ネットワーク構築に強みを持つ業界大手企業です。企業のネットワーク課題を解決するソリューションサービスの提供や、自社の有するノウハウを活用して、企業向けにネットワークやクラウドに関しての研修・講習を行っています。

アメリカ・カリフォルニアに拠点を置く世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社「シスコシステムズ」の商品を取り扱っているほか、ドコモの取引が大きな収益になっていることから5G関連銘柄として見られています。

また2015年の段階で、5Gの試験に使う試験機を提供する予定との噂もありました。ドコモと深い関係にあることから、これからの動きにも注目しておきたい銘柄です。

[6944]アイレックス

アイレックス[6944]の株価チャート

アイレックスは、通信系コア技術に強みを持っており、IoTサービスや車載型ソフトウェアの開発を行うシステム開発会社です。NECやパナソニックなどの大手企業を主な顧客としています。

5G技術の活用にも着手しており、すでに5G対応スマートフォンの試作も行っていることから、5G関連銘柄として急伸しました。中国大手3社が5Gに関して5兆円の投資を行った、との報道を受けて思惑買いが入った銘柄です。

[6706]電気興業

電気興業[6706]の株価チャート

電気興業は、極短波から長波の通信アンテナ製造販売に加え、高周波誘導加熱装置の製造販売など高周波分野も兼ね備えている企業です。

電気興業のWebサイトにて「当社は、高い周波数帯への対応や新しいアンテナシステムの検討など、第5世代移動通信システム(5G)に向けた研究開発を推進しています。」と発表しています。また、アンリツや構造計画研究所と同じく「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」にも参加しており、5Gに対応する製品の開発に積極的に取り組んでいるようです。

まとめ

IoTや自動運転の基盤となる技術「5G」
この5Gによって、私たちの生活が大きく変わることが実感できたのではないでしょうか?

4Gの進化版「PREMIUM 4G」が発表されたように、5G実用化以降もさらに研究・開発が進められることで、関連銘柄も増えていくことと思われます。開発段階の今だけではなく、今後長期的に見ても伸びしろのあるテーマなので当分目が離せません。

【5G関連銘柄】5G実用化後は上昇?下落?今後の見通し、買うべき銘柄が知りたい!

5G関連銘柄に関して多くの人が気になることが、5G実用化後にどうなるのか?
材料が出尽くして下落?さらなる改良で上昇?
買い時・売り時を見極めるのって難しいですよね・・・。これらの疑問に対して
プロ投資家のアドバイスを受けられる投資顧問「株マイスター」

株マイスター

保有中・検討中の銘柄に対する無料相談で、プロ投資家の知恵を借りられることは大きなアドバンテージになるのではないでしょうか?私たち個人では収集困難なレベルの情報にくわえ、プロならではの経験と知識を駆使した的確なアドバイスが受けられます。

無料で受けられるサービスは銘柄相談だけではありません。
なんと、上昇の見込めるオススメ銘柄を3つ受け取ることができます。お試しで利用することで、投資のプロである専門アドバイザーが今どんな銘柄に注目しているのか?その分析力を知るいい機会になるかもしれません。

そして気になるオススメ銘柄の実績は・・・
リミックスポイント【3825】が1ヶ月で5.77倍
マルコ【9980】が2ヶ月で3.7倍
enish【3667】が2ヶ月で3.49倍
これら全てが無料で提供した銘柄ということには驚きを隠せません。

〝結果を残す〟ことに注力した提案が特徴の「株マイスター」
オススメ銘柄の提供では、買い・売りの目安となる価格はもちろんのこと、
悪材料などのイレギュラーに対してもすぐさまサポートしてくれるので
初心者の方でもフル活用できる投資顧問です。