鈴与シンワート(9360)

鈴与シンワート【9360】の企業情報

企業名 鈴与シンワート
市場 東証2部
業種 情報・通信業
事業内容 コンピュータソフトウェアの受託開発・開発支援、ソフトウェア製品の導入支援・アドオン開発、人事給与を主体としたアウトソーシング事業ならびにデータセンター&クラウドサービス事業
関連テーマ

鈴与シンワート【9360】の株価推移・材料

デジタル庁発足が迫り関連銘柄の一角として短期急騰!!

鈴与シンワート(9360)は、「1.情報サービス事業」として人事・給与・就業・会計等の業務を中心としたパッケージソリューションサービスなどに注力し、「2.物流事業」として港運事業、陸運事業、倉庫事業も行っていたりする会社です。

パッケージソリューション・BPO(Business Process Outsourcing)として「給与アウトソーシング」「電子給与明細」等のサービスを提供していたり、クラウドサービスとして「ビジネスチャット TAGS」「電子印鑑アプリ Biz-Oin(ビズ オーイン)」「WEB会議 Zoom」などを展開していたりしますが、関連テーマとしては「脱ハンコ」「電子署名」「テレワーク」「デジタル給与」「物流」などが挙げられる銘柄です。

鈴与シンワートの電子印鑑アプリ「Biz-Oin」のポイントをまとめた画像

会社ホームページにて各事業内容についての紹介ページが設けられていますが、同社が提供する「電子印鑑アプリ Biz-Oin(ビズ オーイン)は、Microsoft Teamsにインストールするだけで簡単に電子申請を行えるようです。

チャートを見ると2021年8月27日から株価が急騰していますが、これはデジタル庁発足が2021年9月1日に迫ったことで業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に貢献する銘柄の一角として物色人気が強まった格好でしょうか。

また、同社は2021年9月1日より「S-PAYCIAL with 電子給与明細」のオプションサービスとして「S-PAYCIAL with 電子人事申告」の提供を開始することを8月26日に発表しています。

人事情報に関するデータをクラウドで簡単に管理でき良さそうなサービスですが、コロナ禍でテレワークを導入する企業が増えていることから、同サービスの需要増への期待感もありそうな感じでしょうか。

同社はNTTデータ(9613)の2次下請け開発を手掛け、NECグループなどを主要取引先としていることで知られていますが、ソフトウエアの受託開発からパッケージソリューションサービスやデジタルビジネスソリューションなど幅広く展開し、安定した成長基盤をしっかりと持っている印象ですね。

2021年9月1日高値からは株価を下げ上値の重い展開となっていますが、昨年2020年は9月半ば頃から株価を上げ、10月2日高値5,110円までの急騰をみせているので、再び買い人気が集まれば大化けする可能性もありそうな銘柄かもしれませんね。

時価総額が軽めで国策絡みのテーマ性に絡んでいる銘柄なので、今後の株価推移にも注目しておきたいとことではないでしょうか。

鈴与シンワートの急騰を予想したオススメの株情報サイト

鈴与シンワート(9360)のチャートを見ると、2021年8月26日に発表となったプレスリリースやデジタル庁絡みのテーマ性が物色人気に繋がった印象ですが、同社株にいち早く注目し2021年8月27日の寄り付き前に銘柄推奨していた株情報サイトが『新生ジャパン投資』です。

新生ジャパン投資が配信した銘柄情報の画像

鈴与シンワート(9360)は上の画像のようにサイト内で8月27日の寄り付き前に配信された朝刊レポートにて公開されていましたが、しっかり“デジタル庁・DX(デジタルトランスフォーメーション)関連に絡む電子署名・脱ハンコ関連の低時価総額銘柄”として買い予想されていますね。

昨年10月2日にかけS高連発で5110円へ急騰したことに触れ、急騰再演に向かう可能性秘めると紹介されていますが、配信情報を見て8月27日に寄り付きから買われた方は短期間で手持ち資金を大きく増やせていたりするのではないでしょうか。

同社株は8月27日から3日連続ストップ高となり9月1日高値3,325円までの急騰となっていますが、1,650円で1,000株買えていたとしたら、僅か4営業日で165万円が332万5000円にまでなったと考えると凄いですね。

短期間で手持ち資金を2倍、3倍と増やせたりするのが株式投資の大きな魅力の一つかと思いますが、テーマ株や材料株の急騰になかなか上手く乗れず、手持ち資金を思うように増やせないでいるという方は、短期急騰株を当ててきている『新生ジャパン投資』のような株情報サイトをトレードに上手く活用してみるといいかと思います。

新生ジャパン投資』はラジオNIKKEI第1で放送されている株式情報番組「源太緑星株教室」でコメンテーターをしている高山緑星(本名:前池英樹)氏が代表を務めている株情報サイトですが、市場営業日に旬な銘柄情報やマーケット展望に関する情報などを配信してくれます。

こうした株情報サイトって利用料が高かったりするのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、朝夕の相場レポートは無料で読むことができ、「鈴与シンワート(9360)」はこの無料で閲覧できる【朝刊】にて「本日の無料推奨銘柄」として紹介されていた銘柄です。

新生ジャパン投資』では毎朝(市場営業日)の【朝刊】の中で必ず1銘柄を無料推奨銘柄として提供しているので、株用のメールアドレスを作成し登録しておくと情報収集や銘柄選びにとても役立つと思います。

というより、ストラテジスト(投資戦略を考える専門家)が厳選し推奨する銘柄情報が市場営業日に毎朝無料で配信されているのに、チェックせずに見逃し続けてしまうのは本当に勿体ないかと思います。

こんな方にオススメ!!
  • 短期急騰株を上手く狙えないでいる方。
  • 旬なテーマ株・材料株に関する情報を要領良く入手したいと思われる方。
  • 株で毎月10万、20万、30万としっかり利益を出していきたい方。

今時は“いかに要領良く利益に繋がる銘柄情報をチェックできているかどうか”というのがあるかと思いますが、サラリーマンや主婦の方でも『新生ジャパン投資』のような株情報サイトをトレードに活用し毎月けっこうなプラス収支を得ているという方も多いのではないでしょうか。

株式投資を行っていてなかなか思うように利益を出せないでいる方は、自分ひとりの考え(偏った考え)で投資先を選んでしまっていたり、買い材料にいち早く気付けていなかったり、相場の流れに上手く乗れないでいる人だったりするかと思います。

また、最近は利用者が多い株情報サイトで取り上げられることで物色人気が強まり株価を上げてくるケースも珍しくないと思います。

利用者が多いということは、それだけ配信情報を見ている人も多いのではと考えられます。

つまり、資金が向かいやすいのではと考えられ、株価上昇に繋がってくるというわけです。

こうした値動きをみせる銘柄には、勿論ですが、“配信情報を見ていた人”の方が、いち早く入れることでしょう。

いつまで経っても株価が上がらない銘柄や、含み損となっている銘柄を保有し続けていても仕方ないので、投資が利益に繋がっていないという方は、どうすれば資金が向かう可能性が高い銘柄をしっかり狙えるかを改めて考えてみるといいでしょう。

今回「脱ハンコ・電子署名関連銘柄の鈴与シンワート(9360)」が短期急騰した背景などについてまとめてみましたが、相場の流れに沿った銘柄を上手くトレード出来ないでいるという方は、旬な銘柄情報などを配信している株情報サイトをトレードに上手く活用してみることをお勧めします。

新生ジャパン投資』は登録したら高い料金を請求されるという訳ではないですし、いま“「withコロナ」時代の新成長株として、ここからの相場で資金流入が起こると予測する「あるテーマ」により大化けする可能性を秘めた1銘柄”を無料で推奨してもらえるので、鈴与シンワートのような株価推移を期待できる銘柄を知りたいと少しでも思われる方は、こうした機会を試しにでも活用してみるといいかと思います。

株式投資は利益に繋がる情報をいかに要領良くチェックできるかで毎日、毎月、毎年の収支が大きく違ってくるかと思ので、要領良く上昇期待値が高いテーマ株情報などを集め、株取引で100万、200万、300万と利益を得ていきたいと思われる方は、是非ご自身の目で『新生ジャパン投資』が取り上げる個別銘柄の株価推移をチェックしてみて下さい。

株情報サイトを上手く日々のトレードに活用している人としていない人とでは、今後のトレードにおける勝率や収支も大きく変わってくるのではないかと思います。

配信銘柄 配信日/配信時株価 高値日/高値 最大上昇率
鈴与シンワート(9360) 21/08/27
1,650円
21/09/01
3,325円
+101.51%
投資顧問・株情報サイト【新生ジャパン投資】の画像

※より要領良く期待値の高い銘柄情報をチェックしたいと思われる方は、株用のメールアドレスを作成し『株エヴァンジェリスト』や『ファイネストアドバイザリー』などの株情報サイトにも併せてメルマガ登録しておくことをお勧めします。