【2020年】ノーベル賞関連銘柄

ノーベル賞関連銘柄は発表日に向け盛り上がりをみせてくるイベント的なテーマ株ですが、2020年は10月5日(月)から12日(月)にかけ各賞の発表が行われる予定となっていますね。

日本人が受賞した際はテレビや新聞などで大きな話題となるので、有力候補者や研究成果、受賞候補者に関連した銘柄はしっかりと抑え頭に入れておきたいところではないでしょうか。

短期的な値動きとなる可能性があり取引を行うタイミングに注意が必要なテーマ性かと思いますが、2020年注目しておきたい日本人候補者や関連銘柄などを簡潔に分かりやすくまとめてみたいと思います。

ノーベル賞関連銘柄は思惑的な銘柄が主かと思いますが、宜しければご参照下さい。


ノーベル賞とは?2020年の発表日程はいつ?

アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel)

ノーベル賞とはダイナマイトの発明者として知られ350もの特許を取得していた「アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel)」の遺言により遺産を使用し1901年に創設された世界的な賞です。

生理学・医学賞、物理学賞、化学賞、文学賞、平和賞および経済学賞の「5分野+1分野」があり、顕著な功績を残した人物に贈られます。

経済学賞が+1分野とされているのはノーベルの遺言にない賞であり、ノーベル財団が「ノーベル賞ではない」としていることからのようですが、その歴史はスウェーデン国立銀行設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立と古く、今ではノーベル賞の一部門として扱われてきている感じですかね。

初めて授賞式が行われたのが100年以上も前と歴史ある賞ですが、日本人としては理論物理学者である「湯川秀樹」が1949年に初めてのノーベル賞受賞者となり、昨年2019年は携帯電話やパソコンなどに用いられるリチウムイオン二次電池の発明者の一人である「吉野彰」がノーベル化学賞を受賞し話題となりましたね。

選考は物理学賞、化学賞、経済学賞の3部門についてはスウェーデン王立科学アカデミーが行い、生理学・医学賞はカロリンスカ研究所(スウェーデン)が、平和賞はノルウェー・ノーベル委員会が、文学賞はスウェーデン・アカデミーが行うようです。

2018年に京都大学の「本庶佑」特別教授が生理学医学賞を受賞し、昨年2019年は旭化成の「吉野彰」名誉フェローが化学賞を受賞し、今年2020年は“3年連続の日本人受賞となるか”と話題になってきてますが、栄誉ある賞を毎年続けて日本人が受賞してこれているのは同じ日本人として誇らしいですね。

ノーベル賞授賞式はスウェーデン・ストックホルムで行われてきていますが、2020年は新型コロナウイルスの影響により伝統的な式典は取りやめとなりストックホルム市庁舎からテレビ中継で行われ、メダルなどはそれぞれの国で受け取ることとなるようです。

2020年ノーベル賞発表の日程

  • 10月5日(月)ノーベル生理学・医学賞
  • 10月6日(火)ノーベル物理学賞
  • 10月7日(水)ノーベル化学賞
  • 10月8日(木)ノーベル文学賞
  • 10月9日(金)ノーベル平和賞
  • 10月12日(月)ノーベル経済学賞

ノーベルはダイナマイト王として知られていますが、孤独な性格で一時期うつ病になったこともあるようで、生涯独身で子供もいないようです。

もしノーベルが結婚し子供を授かっていたら、今あるノーベル賞はなかったかもしれませんね。

また、1888年にノーベルの兄であるリュドビックがフランスのカンヌで亡くなられたようですが、このときフランスのある新聞がアルフレッド・ノーベルが死去したと勘違いし、「死の商人、死す」との見出しとともに報じたという話があります。

ノーベルは自身の死亡記事を目にし死後自分がどのように記憶されるかについて考えるようになったようですが、この記事があったからノーベルは財産の大部分をあてたノーベル賞を創設することを遺言状に記したというのもあるかもしれませんね。

2020年ノーベル賞受賞を期待される日本人は?

“ノーベル賞を誰が受賞するか”は毎年予想されてきていますが、世界的な情報サービス企業であるClarivate(クラリベイト)社が2020年9月23日に発表した“「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」受賞者”に名を連ねる日本人研究者2名「中村祐輔」「藤田誠」が日本人としては2020年ノーベル賞受賞候補者として期待されてきている感じでしょうか。

2020年の引用栄誉賞を受賞した日本人

  • 中村祐輔
    公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 所長、東京大学 名誉教授、シカゴ大学 名誉教授
    遺伝的多型マーカーの開発とその応用による先駆的な研究とゲノムワイドな関連研究への貢献により、個別化がん治療の先駆けとなったことに対して
  • 藤田誠
    東京大学大学院 工学系研究科 卓越教授、自然科学研究機構 分子科学研究所 卓越教授
    自然界に学ぶ自己組織化物質創成と超分子化学への貢献に対して

「引用栄誉賞」はその研究成果が「ノーベル賞クラス」とみなされる研究者が受賞してきている賞であり、近い将来ノーベル賞を受賞する可能性の高い研究者が選出されてきています。

これまでに「Hall of Citation Laureates」に掲載された受賞者のうち54名が実際にノーベル賞を受賞していることから、引用栄誉賞受賞者はノーベル賞候補者として注目されてきています。

2016年までは「トムソン・ロイター引用栄誉賞」という名称で発表されていた賞ですが、同賞を担当する知的財産事業部が2016年にクラリベイトとして独立したのに併せ名称が変更となったようです。

藤田誠教授は東京大学の1200人を超す教授の中で、わずか3人目となる「卓越教授」の称号を授与された凄い方ですが、現在63歳で間もなく定年ですが、特例的に75歳までの雇用が認められるようです。

“分子が自発的に内部空間をもった立体構造をつくりだす現象を見つけた”であったり“これを応用して試料を結晶化させずに構造解析できる「結晶スポンジ法」を開発した”と聞いても一般人には難しい話ではありますが、ウルフ賞(その年に優れた業績をあげた科学者、芸術家に与えられる賞)を受賞しており、論文の被引用数の多さ、海外研究者の高い評価などからノーベル賞受賞が期待されるようです。

1978年からウルフ財団が学術6分野(農業、化学、数学、医学、物理学、芸術)に授与しているウルフ賞はノーベル賞の前哨戦の一つとされていて、化学賞では「野依良治」氏がウルフ賞を受賞した直後にノーベル賞を受けたという前例があるので、藤田誠教授もノーベル賞を受賞するのを期待したいですね。

ノーベル賞受賞が期待される日本人

  • 前田浩
    バイオダイナミックス研究所(熊本市)
    がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、大きな分子の化合物ががん細胞に集積するEPR効果を解明
  • 森和俊
    東京都大学教授
    たんぱく質を作る細胞小器官「小胞体」の中の変性したたんぱく質の検出と修復の仕組みを発見
  • 十倉好紀
    東京都大学卓越教授(理化学研究所創発物性科学研究センター長)
    強相関電子系と呼ばれる物性物理学分野の第一人者
  • 大野英男
    東北大学総長
    磁石の性質を持つ半導体を開発し、半導体スピントロニクス分野を開拓
  • 細野秀雄
    東京工業大学栄誉教授
    鉄系高温超電導体などを開発
  • 佐川眞人
    NDFEB(京都市)社長
    世界最強のネオジム磁石を開発
  • 古沢明
    東大教授
    量子テレポーテーションの実験に成功
  • 西森秀稔
    東工大特任教授
    カナダのDウエーブ・システムズの商用量子コンピューターの開発につながった量子アニーリングを提唱
  • 山本尚
    中部大学教授
    広い意味で定義される酸・塩基の反応で、かさ高い構造を持つルイス酸触媒を開発
  • 小川誠二
    東北福祉大学特任教授
    MRI装置の基本原理となるBOLD効果を発見

中村祐輔所長、藤田誠教授の他にノーベル賞受賞が期待される日本人をまとめてみましたが、東北福祉大学の小川誠二特任教授や桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授なども受賞候補者として挙げられてきている感じでしょうか。

2020年ノーベル賞関連で注目の銘柄は?

中村祐輔所長の遺伝的多型マーカーの開発は個別化がん治療の先駆けとなってきているので、2020年ノーベル賞関連としてバイオ関連株の中では「がん治療」が関連テーマとして挙げられる銘柄に注目したい感じでしょうか。

東大医科研発の創薬ベンチャーでがん遺伝子の解析、治療薬の開発が主柱であるオンコセラピー・サイエンス(4564)が2020年9月23日に「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」受賞者が発表となってから株価を上げてきていますが、オンコセラピー・サイエンス(4564)はノーベル賞受賞が期待される「中村祐輔」が筆頭株主の銘柄ですね。

オンコセラピー・サイエンスの創業者の1人が中村祐輔所長なので、オンコセラピー・サイエンスは2020年ノーベル賞関連銘柄の本命株として買われてきている感じでしょうか。

その他、プレシジョン・システム・サイエンス(7707)、シスメックス(6869)、メディネット(2370)、中外製薬(4519)、小野薬品工業(4528)、アステラス製薬(4503)、テラ(2191)など、関連テーマとして「がん治療」が挙げられるバイオ関連株は色々あるかと思いますが、そこまで物色されてきている銘柄はなさそうでしょうか。

2020年10月2日、放射線・電磁波シールドの技研ホールディングス(1443)が大きく買われましたが、同銘柄は東北福祉大学特任教授の小川誠二関連期待で物色された格好でしょうか?

細野秀雄氏関連として超電導関連銘柄の古河電気工業(5801)、住友電気工業(5802)、昭和電線ホールディングス(5805)、アイシン精機(7259)なども取り上げられてきている印象ですが、ノーベル賞関連銘柄は幅広く、どこまで関連銘柄と捉えるかが難しいところですね。

日本電子(6951)が2020年9月14日あたりから株価を上げてきていますが、理化学研究所の十倉好紀・創発物性科学研究センター長が開発した新材料「マルチフェロイック物質」の開発に同社の透過電子顕微鏡関連の「環状明視野法」という技術が用いられているようです。

新材料として注目されているマルチフェロイック物質は将来的に省エネメモリーにつながると予想されているので、ノーベル賞関連で話題となってきたら面白そうな材料かもしれませんね。

ノーベル文学賞関連銘柄として2020年も文教堂グループホールディングスに注目?

書店関連銘柄である文教堂グループホールディングス(9978)は「村上春樹」氏がノーベル文学賞関を受賞するのではという期待感と思惑でノーベル賞発表時期に向け株価を上げる傾向にある銘柄ですが、今年2020年は2020年9月23日に株価を下げ上値の重い展開となっていますね。

しかしながら、英ブックメーカー(賭け屋)、ナイサーオッズの2020年10月1日時点での受賞者予想によると、作家村上春樹氏は3番人気となっており、ノーベル文学賞受賞が期待されているようなので、来週10月5日からノーベル文学賞が発表となる2020年10月8日にかけ思惑的な買いが入ってくる可能性はあるかもしれませんね。

ノーベル賞関連銘柄のネタ的な銘柄と言えば文教堂グループホールディングスというところがあったりするかと思うので、文教堂グループホールディングスが大きな盛り上がりを見せればノーベル賞関連銘柄がより投資家に意識される流れとなるかもしれません。

なのでノーベル賞関連銘柄に注目する上で文教堂グループホールディングスの値動きには注目しておきたいところでしょうか。

ドイツ在住の日本人女性作家である多和田葉子氏もノーベル文学賞受賞候補者として挙げられているようですが、ノーベル文学賞関連銘柄としては書店関連銘柄の文教堂グループホールディングスほか、三洋堂ホールディングス(3058)、丸善CHIホールディングス(3159)あたりに注目しておきたいところでしょうか。

ノーベル文学賞関連銘柄は期待感や思惑で大きく買われたりもしますが、発表日前や発表日後に大きく急落する可能性もあるので、物色する際は急落に巻き込まれないよう注意しましょう。

ノーベル賞関連銘柄の本命株や出遅れ株を上手く狙いたい人は?

ノーベル賞受賞が期待される日本人候補者に関してや、ノーベル賞関連銘柄として注目したい「がん治療」に関連する銘柄についてなど記載しましたが、ノーベル賞関連銘柄としては他にも量子コンピューター関連銘柄であるフィックスターズ(3687)、エヌエフ回路設計ブロック(6864)、日本ラッド(4736)であったり、東京大学卓越教授の藤田誠氏関連銘柄として自己組織化ペプチドを手掛けるスリー・ディー・マトリックス(7777)が取り上げられていたりします。

株式投資は“テーマ性に沿った銘柄を上手く狙えるかどうか”が日々の勝率やパフォーマンスに大きく繋がってくるかとは思いますが、問題は“どの銘柄をどのタイミングで物色するか”かと思います。

ノーベル賞の受賞者はもう発表となってくるけど、まだ買ってもいいものだろうか?

短期的なテーマ株は資金の動きが早かったりするので、買いで入るタイミングに悩まれる方も多いかと思います。

そうした悩みを感じたりする人や、テーマ株投資を上手く行っていきたいと思う人に“テーマ株を上手く狙う方法”としてチェックすることをお勧めしたいのが、最新のテーマ株情報を随時配信してくれる「株エヴァンジェリスト」です。

サラリーマン投資家の方や、主婦をしながら株取引を行われている方など、テーマ性の流れや旬のテーマ株に絡んだ本命株、出遅れ株を把握するのはとても大変なことかと思います。

今時はツイッターなどSNSで情報が飛び交ってますが“いかに要領よく期待値が高い情報をチェックするか”というのがトレードの勝率を上げる条件となってきているかと思うので、時間的に余裕がない人や、個別銘柄を上手く分析しトレードする自信がない方は、“株情報サイトがまとめてくれた最新のテーマ株情報”を日頃からチェックしてみるといいかと思います。

株エヴァンジェリスト」は「夕刊フジ」と「月刊ネットマネー」の共同企画「株-1グランプリ」におけるグランドチャンピオン大会で最多優勝を誇る「結城はるみ(旧:向後はるみ)」さんがストラテジー顧問を務めているサイトで、財務局に金商登録があるサイトです。

難しいテーマ株に絡んだ銘柄を探るのは本当に大変かと思うので、トレードに役立ちそうな便利なサイトは試しにでも一度チェックしてみることをお勧めします。

数ある株情報サイトの中でも「株エヴァンジェリスト」は株価2倍、3倍となるような上昇事例をいくつも残してきていて有益性の高いサイトかと思うので、テーマ株を上手く狙っていきたいと少しでも思われる方は、下記リンク先よりメルマガ登録し、ご自身の目で今後配信となる個別銘柄の株価推移を追ってみて下さい。

【2020年】ノーベル賞関連銘柄
本命・出遅れ株の最新情報は
"ココ"でチェック!!
投資顧問こんな方オススメ!!
  • 大化けが予想される成長テーマをいち早く知りたい!
  • 本命・出遅れ株の株価急伸を初動から狙いたい!
  • 専門家のアドバイスを参考に投資戦略を立てたい!

メールマガジンの登録で、『いま』買い時の"急騰候補株"を無料で配信中!!詳しくは下記からご確認下さい。

無料銘柄の受取りはコチラ

ツイッターシェアボタン
フェイスブックシェアボタン