データセンター関連銘柄の中から注目の低位株2選

本ページはプロモーションが含まれています

データセンター関連株のように市場規模が大きく関連する銘柄も多い場合、銘柄選びが難しくなりがち。

そこで今回は、近年特に注目が集まるデータセンター関連株の中から、低位株に着目してご紹介いたします。

本命株・出遅れ株などのその他注目株はこちら↓

2024.06.07

データセンター関連銘柄の本命株・出遅れ株・注目株全22銘柄を解説!AIサーバー・半導体・不動産と付随される銘柄も多数

データセンター関連銘柄の低位株

データセンター関連銘柄の中で株価が500円以下(2024/6/14時点)の銘柄をピックアップしました。

証券コード 銘柄名 時価総額
(百万円)
PER
(会社予想)
配当利回り(%)
(会社予想)
2743 ピクセルカンパニーズ 19,240
3681 ブイキューブ 6,562 20.59
4689 LINEヤフー 2,785,285 11.20 1.52
3776 ブロードバンドタワー 13,628 122.78 0.90
3758 アエリア 7,213 13.59
8285 三谷産業 22,176 12.63 2.51
9432 日本電信電話(NTT) 13,265,621 11.20 3.55

この中で注目するとすればピクセルカンパニーズ(2743)ブロードバンドタワー(3776)あたりでしょうか。

データセンター関連銘柄の低位株 ピクセルカンパニーズ(2743)

2743 ピクセルカンパニーズの株価チャート

ピクセルカンパニーズ(2743)は、子会社のピクセルハイが国の補助金を活用し、福島県でコンテナ型のGPU向けデータセンターの建設を進めています。

現在までに24年12月期の夏頃(第3四半期頃)に完工の予定としており、補助金交付に関する新規地元雇用者の雇用内定状況やデータセンター施設の冷却設備の売買契約の締結を開示し状況がわかる状態になっています。

疑義注記がついてるという点では問題ありなんですが、生成AI向けのGPU(NVIDIA H100)に特化したクラウドコンピューティングサービスを提供する予定で、テーマ性のみで見れば今後さらに注目が集まることも予想されます。

データセンター関連銘柄の低位株 ブロードバンドタワー(3776)

3776 ブロードバンドタワーの株価チャート

若干出遅れ株も否めないブロードバンドタワー(3776)ですが、結構注目されている方いらっしゃるようなんですよね。

しかしそれでもなかなか動かないのがブロードバンドタワー(3776)の特徴でもあるんですが、将来性などは誰もが予想できそうなほど順調になりつつあるので、昨年11月から見れば3倍近く上昇していますが、まだまだ余力はありそう。

低位株というだけで狙うのは要注意

投資家歴の長い方にとっては当たり前のことですが、株価が安いからといって安易に買ってしまうのは要注意です。

ただ一方で、材料や業績度外視で急騰する事が起こり得るのが低位株のひとつの魅力でもあるので、低位株だけを狙う方も未だにいらっしゃるかと思います。

  • 相場全体が買いトレンド傾向にある
  • テーマ株の本命が強く物色される
  • 急な材料が出る

例えば上記のようなきっかけで一気に上昇する場合があるので、安易に買わずとも監視しておいても損はないかと思います。

もしデータセンター関連銘柄に限らず、低位株を探してみたい方は下記のような株情報サイトなども参考にしながら幅広く情報を集めておくことも重要かもしれません。

メールアドレスを用意して、無料のメルマガ登録をしておけば、毎日の配信銘柄をチェックできるのでおすすめです。

株エヴァンジェリスト

どうしても利益獲得を狙いたい全個人投資家必見!

各種大手メディアに引っ張りだこの有名投資家で株式評論家でもある「Bコミ」こと坂本慎太郎氏が分析者・投資判断者および助言者を務める株情報サイト。Bコミ氏は「資金150万円チャレンジ」では、ファンダメンタルズ分析を中心として150万円の資金を僅か1年5ヵ月で約5,000万円まで増加させるなど個人投資家としてもその実力の一端を見せました。そんなBコミ氏が選定した『真の利益追求候補株』を即日配信してくれるので必見です。

新生ジャパン投資

今なら次なる大化け候補株を無料で配信中!

かつてラジオNIKKEI第1で放送されていた株式情報番組でコメンテーターをしていた高山緑星(本名:前池英樹)氏が代表を務めている株情報サイト。テーマ株の先読みに強く、無料で閲覧できる【朝刊】にて「本日の無料推奨銘柄」として紹介されていた多くの銘柄が上昇を見せてきました。また日経225をはじめとする全体相場の未来予測に定評があり、相場の転換点を次々と的中させてきた前池氏。現在までに「2036年までの未来予測」を完了しているとしており、個別株、特にテーマ株の先読みに強い理由もわかります。そんな前池氏が推奨する『次なる大化け候補株』は注目に値します。

株取引を行っていると、何でこんなに株価を上げたのだろう?と思うような銘柄があったりするかと思いますが、株価を上げる背景として「利用者が多い株情報サイトが紹介したから」というのもあるかと思います。

最新の注目銘柄に関する情報などをリアルタイムにチェックでき、そうした株価の動きに上手く乗れたりするかと思うので、まだ株情報サイトを活用せずトレードされている方は、株情報を収集する用のメールアドレスを作り、そうしたサイトを上手く活用することで、より視野の広いトレードを行えるようになるのではないでしょうか。

相場格言に「当たり屋につけ」という言葉がありますが、“株価2倍、3倍となるような上昇事例を数多く残してきている株情報サイトを上手く活用すること”は株式投資を行っていく上で大きなアドバンテージとなってくるかと思うので、まだ配信情報をチェックされていないという方は上記リンク先よりメルマガ登録し、是非ご自身の目で推奨銘柄のパフォーマンスなどを確認してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

リョウジ(テーマ株チェッカー運営チーム)

運営チーム統括。株式投資歴15年以上の30代後半。日々のマーケットの動きを注意深く観察し、リスク管理と長期的な視点を重視した投資戦略で収益は比較的安定。愛犬と過ごす時間を大切にしており、散歩の時間は長め。投資家仲間や友人と情報交換を行いながら、常に最新の市場トレンド、株式テーマをキャッチアップし、短期トレードの儲けのコツ「テーマ株・材料銘柄投資」に関する役立つ情報をご紹介しています。