2024年新紙幣関連銘柄の本命株・出遅れ株・大穴株は?新紙幣の発行に伴う経済効果から急成長する注目株

財務省は2023年12月12日、発表されていた新紙幣の発行期日を2024年7月3日にすると発表。

20年ぶりとなる新紙幣発行に対応すべく、ハードやソフトの更新特需として株式市場にも少なからず影響が起こります。

今回は注目されるべき新紙幣関連銘柄の値動きなどについてまとめ、本命株9銘柄出遅れ株4銘柄大穴株2銘柄を含む注目株全15銘柄をご紹介したいと思います。

新紙幣について

紙幣の発行は1885年(明治18年)に第1号が誕生し、これまで53種類の紙幣が発行されてきました。

1000円札、5000円札、10000円札全てが差し変わるのは2004年以来20年ぶり。その前が1984年のため20年サイクルとなっているようです。

紙幣が新たに発行される経緯の最も大きな理由は、偽札防止つまり偽造防止のため。

キャッシュレス決済の普及が進む中でも紙幣の新規発行は偽札防止の観点から重要なわけです。

今回の新紙幣発行に際しても、現在発行している紙幣は04年に発行を開始して以来20年近くが経過し、その間に民間の印刷技術が大幅な進歩を遂げていることを刷新の理由として挙げており、また目の不自由な人や外国人のためにも、ユニバーサルデザインの考え方を踏まえた紙幣デザインが世界の潮流であるともしています。

ユニバーサルデザインとはできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることであり、例えばこれまでお札中央の文字は漢数字でしたが、アラビア数字に変更となり、サイズも大きく変更されています。

新紙幣に採用された人物

新千円札:北里柴三郎

新千円札:北里柴三郎

出典:新しい日本銀行券特設サイト|新しい千円札について

破傷風を予防・治療する方法を開発した微生物学者で、「近代日本医学の父」と呼ばれている北里柴三郎を肖像に採用。

新五千円札:津田梅子

新五千円札:津田梅子

出典:新しい日本銀行券特設サイト|新しい五千円札について

生涯を通じて、女性の地位向上と女子教育に尽力した教育家、津田梅子を肖像に採用。

新一万円札:渋沢栄一

新一万円札:渋沢栄一

出典:新しい日本銀行券特設サイト|新しい一万円札について

生涯において500もの企業設立などにかかわり、“日本近代社会の創造者”と言われる渋沢栄一を肖像に採用。

新紙幣の発行による経済効果

2019年に新紙幣発行について発表された際には新紙幣の発行やATM改修など直接の経済効果は1.6兆円見込めると報じられました。

これはATMなどの機械、自動販売機や駐車場の精算機などにかかる費用を換算したもので、紙幣識別装置を扱う日本金銭機械(6418)や紙幣計数機を扱うグローリー(6457)、紙幣搬送システムなどを取り扱うオーイズミ(6428)などを中心に新紙幣関連株が物色されました。

しかし2004年に新紙幣が発行されたときに比べ、現在はQRコード決済などキャッシュレス決済が普及していることから、改修や買い替えが前回ほどには発生しないとの見方も。

もちろん日本は世界に比べるとキャッシュレス決済の普及は遅く、経済産業省が昨年4月に発表した22年のキャッシュレス決済比率は36.0%で、10年前の12年の15.1%と比較すると着実に上昇しているものの、まだまだ現金派の方も多いのが現状とも言えます。

結果として2004年ほどではなくとも新紙幣に対応する必要があるとの見方もあり、特需は期待できるといえそうです。

新紙幣関連の本命株・出遅れ株・大穴株

新紙幣関連の本命株としては先述した通り、日本金銭機械(6418)グローリー(6457)オーイズミ(6428)などの代表的な銘柄があります。

他にも紙幣処理機などをてがけるムサシ(7521)、現金処理機硬貨紙幣つり銭機と言えばOKI(6703)、紙幣処理関連機器の高見沢サイバネティックス(6424)

またパチンコ周辺機器を中心としたシステム機器を提供しているマースグループホールディングス(6419)はAir紙幣搬送システム、各種貨幣関連機器(紙幣識別機・紙幣計数機他)なども提供。そして銀行券印刷機械を製造する国内唯一のメーカーとして知られる小森コーポレーション(6349)や紙幣用原料パルプの三菱製紙(3864)も本命と言えます。

新紙幣関連銘柄の本命株 日本金銭機械(6418)

6418 日本金銭機械の株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 グローリー(6457)

6457 グローリーの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 オーイズミ(6428)

6428 オーイズミの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 ムサシ(7521)

7521 ムサシの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 OKI(6703)

6703 OKIの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 高見沢サイバネティックス(6424)

6424 高見沢サイバネティックスの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 マースグループホールディングス(6419)

6419 マースグループホールディングスの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 小森コーポレーション(6349)

6349 小森コーポレーションの株価チャート

新紙幣関連銘柄の本命株 三菱製紙(3864)

3864 三菱製紙の株価チャート

出遅れ株としては、新紙幣の発行に伴う釣り銭機のシステム更新に伴って2024年4月期売上高、営業利益を上方修正したスマレジ(4431)、POSレジ大手の東芝テック(6588)、紙幣鑑別センサモジュールの製造受託を手掛けるユビテック(6662)、紙幣識別などに光技術が応用されている浜松ホトニクス(6965)も再び注目されるかもしれません。

そして渋沢栄一が創業の澁澤倉庫(9304)、北里柴三郎をはじめとする医師らが発起人となり設立されたテルモ(4543)は大穴株のひとつと言えそうです。

新紙幣関連銘柄の出遅れ株 スマレジ(4431)

4431 スマレジの株価チャート

新紙幣関連銘柄の出遅れ株 東芝テック(6588)

6588 東芝テックの株価チャート

新紙幣関連銘柄の出遅れ株 ユビテック(6662)

6662 ユビテックの株価チャート

新紙幣関連銘柄の出遅れ株 浜松ホトニクス(6965)

6965 浜松ホトニクスの株価チャート

新紙幣関連銘柄の大穴株 澁澤倉庫(9304)

9304 澁澤倉庫の株価チャート

新紙幣関連銘柄の大穴株 テルモ(4543)

4543 テルモの株価チャート

新紙幣関連銘柄の値動きを上手く狙いたい人は?

2024年、新たに発行される新紙幣関連銘柄について簡潔にまとめてみましたが、新紙幣を正式に発表した2019年に一度物色されていることもあり、当時の値動きも参考にしてみるとよさそうです。

また短期的なテーマ性とは別に、物色されたことによる業績への影響を考慮した中長期的な目線でもみることができるので、決算なども確認しながら、関連銘柄の値動きを狙う際は、短期的な動きに惑わされず注目しておきたいところです。

今回は新紙幣関連銘柄関連銘柄についてまとめてみましたが、こうしたテーマ株はニュースや新聞で取り上げられたり、著名なアナリストが紹介したりするなどして物色人気を強めてくるケースが多いです。

なので投資家からの注目を集め株価を上げてくる銘柄を上手く狙いたいと思われる方は、リアルタイムに最新のニュースや話題性に絡んだ銘柄情報などを配信している株情報サイトにメルマガ登録するなどして、『自分で時間をかけて色々と情報をチェックする』のではなく『アナリストなどが簡潔にまとめてくれた情報をリアルタイムに受け取る』ようにしておくといいかと思います。

この後の相場で流れに沿ったテーマ株を上手く物色していきたいと少しでも思われる方は、試しにでも一度、銘柄情報など株式投資に関連する情報を配信しているサイトを日々のトレードに活用してみることをおすすめします。

テーマ株投資に役立つ!オススメの株情報サイト【新生ジャパン投資】

新生ジャパン投資」は、かつてラジオNIKKEI第1で毎週火曜に配信していた株式情報番組「株教室」(※現在は放送終了)でコメンテーターをしていた株の大魔神『高山緑星』こと「前池英樹」が代表を務めている株情報サイトです。

株初心者の方はご存じないかもしれませんが、20年以上にわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、相場界のレジェンドとまで言われているのが『高山緑星』こと「前池英樹」です。

直近1年以内の一部配信銘柄
証券コード推奨銘柄配信時株価高値推移
5595QPS研究所9434,9753ヵ月で5.27倍
3778さくらインターネット2,16010,9802ヵ月で5.08倍
5586Laboro.AI6862,9995ヵ月で4.37倍
7003三井E&S6912,8983ヵ月で4.19倍
4011ヘッドウォータース6,32020,4905ヵ月で3.24倍
2970グッドライフカンパニー1,5905,0906ヵ月で3.20倍
3744サイオス4121,2851ヵ月で3.11倍
2160ジーエヌアイグループ1,3903,8657ヵ月で2.78倍
5285ヤマックス7181,9857ヵ月で2.76倍
4107伊勢化学工業8,08020,7507ヵ月で2.56倍

上記のような大化けを見せた銘柄はなんと無料で閲覧できる【朝刊】にて「本日の無料推奨銘柄」として紹介されていた銘柄です。

テーマ性を重視することで比較的短期間での上昇が狙える銘柄も多く、無料配信ながら上記のような大化けをするケースも。上記は極端かもしれませんが他にも比較的高いパフォーマンスとなっており、無料でチェックするには十分すぎる結果を残していると言えます。

ここまで相場の流れに上手く乗れていないと少しでも思われる方は、相場の流れに沿ったテーマ株を配信してきている「新生ジャパン投資」のような株情報サイトをチェックしておくことをオススメします。

株は“その時々の強いテーマ株を上手く狙えるかどうか”で日々の収支が大きく違ってくるかと思いますが、世の中が大きく変わった2020年、2021年にかけてだとコロナウイルス関連銘柄(ワクチン関連株・バイオ株)や、ウィズコロナ関連銘柄(テレワーク関連株や巣ごもり消費関連株など)、そして2023年生成AIが人気化したことをきっかけとしたAI関連株全般など、上手く狙えた人と狙えなかった人とで大きく収支の差があるのではないでしょうか。

テーマ性の流れに沿った銘柄を上手く狙えた方は結構な利益を得れているのではないかと思いますが、今後これからまた色々とテーマ性を強めてくる銘柄はあるかと思うので、効率良く期待値が高い情報を集め収益性が高いテーマ株投資をしていきたいと思われる方は、「新生ジャパン投資」のような業界で著名な方が顔を出していて、利益に繋がる銘柄情報を配信してきているサイトをチェックしておくのがベターかと思います。

今、新生ジャパン投資から"次なる大化け候補株1銘柄"を無料で配信してもらうことができますが、長きにわたり大化け銘柄を輩出し続けてきている相場界のレジェンドの銘柄発掘力を体感できるかと思いますので、利益に繋がる銘柄を知り、チャンスを逃さずしっかりと資産を形成していきたいと思われる方は、この無料で試せる機会をぜひ活用してみて下さい。↓↓

投資顧問・株情報サイト【新生ジャパン投資】

ABOUTこの記事をかいた人

リョウジ(テーマ株チェッカー運営チーム)

運営チーム統括。株式投資歴15年以上の30代後半。日々のマーケットの動きを注意深く観察し、リスク管理と長期的な視点を重視した投資戦略で収益は比較的安定。愛犬と過ごす時間を大切にしており、散歩の時間は長め。投資家仲間や友人と情報交換を行いながら、常に最新の市場トレンド、株式テーマをキャッチアップし、短期トレードの儲けのコツ「テーマ株・材料銘柄投資」に関する役立つ情報をご紹介しています。