次世代の鍵スマートロック(電子キー)関連銘柄

スマートロック(電子キー)関連銘柄のヘッダー画像

スマートロック(電子キー)」はIoTや民泊などと関連し注目を集めたテーマ性かと思いますが、不動産管理や業務管理、カーシェアリングサービスなど、新サービスの起点として使われるようになってきています。

最近は電池が不要のものや、太陽光で動くものも開発されてきているようですが、鍵を持ち歩く煩わしさから開放され、セキュリティ面も優れているスマートロック(電子キー)は、今後も高いニーズを期待できそうな印象ですね。

関連事業を行っている企業は業績への寄与が期待されてくるのではないかと思われるので、今回は「スマートロック(電子キー)関連銘柄」について簡単にまとめご紹介してみたいと思います。

投資妙味のありそうな銘柄をお探しの方は是非、最後までご参照になってみて下さい。

スマートロック(電子キー)とは?

スマートロック「sadiot lock(サディオロック)」の画像

スマートロックとは、物理的な鍵を使用せず、スマホ(スマートフォン)を利用し鍵の解錠・施錠を行えるロック機能(電子キー)のことを言います。

物理的な鍵だと、外出先で玄関の鍵を閉めたかなと心配になったりで、家に帰るまでそわそわすることになったりするかと思いますが、スマートロックならアプリで簡単に施錠状況を確認することができ、もし開いていた場合は出先でも遠隔でロックをかけることができます。

遠隔操作で解錠・施錠を行うことが出来れば、自分がいない時に家族や友人が遊びにきた際、玄関先で待っていてもらうことなく、先に家にあがってもらっておいたりもできそうですね。

また、解錠・施錠の権限を持つ特定のスマホが近づくとロックが解除され、逆に離れると自動でロックがかかるように出来たりするので、スマホさえ所持していれば“鞄の中から鍵を探す”といったことをする必要がなくなります。

なのでスマートロックだと雨の日で手荷物が多い時とか、ちょっと快適かもしれませんね。

最近はスマホ決済が以前よりだいぶ一般的なものとなった印象ですが、家や車の解錠・施錠もスマホで行うのが今後より当たり前な感じになってきそうですね。

スマートロックは締め出しに合うかもしれないのがデメリット?

スマートロックのメリットとしては“遠隔操作・ハンズフリーで解錠や施錠を楽に行える”であったり、“セキュリティを強固にできる”などが挙げられるかと思いますが、デメリットとして“電池切れにより締め出しに合うかもしれない”というのが挙げられています。

一般的にスマートロックは電池で稼働するため、電池切れになると作動しなくなってしまいます。

また、スマホのバッテリーが切れてしまった場合も、解錠・施錠の操作を行えなくなってしまいます。

この“電池切れで締め出しに合うかもしれないのが不安”というのが理由でスマートロックはどうなんだろうと思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、スマートロックはアプリで電池残量が減ってくると交換が必要なことをお知らせしてもらえます。

電池交換を忘れてしまうかもしれないと思う人もいるかもしれませんが、従来の鍵でも解錠・施錠を行えるスマートロックもありますし、スマホがなくても指紋やテンキー端末で解錠を行えるスマートロックもあります。

直接太陽の光が当たるところに設置することで太陽光が動力源となるアメリカの会社「Brinks Home Security」が開発した「Array Smart Deadbolt」というスマートロックもありますし、取っ手を回すことで発電・充電が行われる中国の会社「深圳物聯鎖科技」が開発した「nokelock X1」というスマートドアロックもあります。

なのでスマートロックのデメリットとされていたバッテリー切れにより解錠できなくなるというのは、もうそこまで大きな問題とはされてきていない感じですかね。

スマートロックについて知り、実際に使えば間違いなく便利だと思うので、まだ物理鍵を利用していて、鍵の解錠・施錠に不便さを感じることがある人は、試しにでも一度、どういうスマートロックがありいくらぐらいでスマートロックにできるのかを調べてみるといいでしょう。

スマートロック(電子キー)関連銘柄まとめ一覧

それでは利便性やセキュリティの向上などがメリットとして挙げられ、不動産管理や業務管理などでも利用されてきている「スマートロック(電子キー)関連銘柄」について、簡単にまとめご紹介してみたいと思います。

スマートロック(電子キー)関連銘柄一覧
証券コード 企業名 概要
6758 ソニーグループ WiL社と共同で子会社となるQrio社を設立しスマートロック「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」を開発し販売している。
9433 KDDI 米スマートロックのベンチャー企業「August Home, Inc.」へ出資している。
6752 パナソニック ホールディングス 電気錠システムをサービス提供している。
7201 日産自動車 自動車用スマートロック「インテリジェントキーシステム」を開発。
4324 電通グループ 電通のスタートアップ「電通ブルー」が南京錠タイプのスマートロックデバイス「246 Padlock」を販売している。
6644 大崎電気工業 2018年からスマートロック「OPELO(オペロ)」の販売を開始している。
4748 構造計画研究所 LockState社が開発したWi-Fi型のスマートロック「RemoteLock(リモートロック)」を日本市場で販売・提供している。
4415 ブロードエンタープライズ スマートロックと連携可能なマンションのエントランスをオートロックするための、IoTインターフォンシステム「BRO-LOCK(ブロロック)」を展開している。
4379 Photosynth フィス導入実績6000社超の法人向けスマートロック「Akerun」をサービス提供している。
6038 イード 株式会社ジゴワッツと自動車の「バーチャルキー」を共同開発している。

ざっと10銘柄を挙げてみましたが、スマートロック市場は大手電気メーカー「ソニーグループ(6758)」や通信キャリア「KDDI(9433)」などが参入し市場が活発化してきている印象ですね。

その他、まだ非上場の会社で、独自のキーテクノロジー「bitkey platform」の提供を行っている「株式会社ビットキー」が急成長しており、いつIPO(新規上場)するかと注目を集めてきているようです。

ビットキーはセイノーホールディングス(9076)のココネット株式会社や、大阪ガス(9532)、Casa(7196)、日本管理センター(3276)などと業務提携や協業を行っており、パナソニック(6752)とIoT宅配ボックスを共同開発したりしています。

人気化が予想されるIPOは関連銘柄へ思惑的な買いが向かったりするので、もしビットキーがIPOすることが分かった際は、いち早く関連銘柄を物色してみるといいかもしれませんね。

スマートロック(電子キー)関連銘柄の中でもまだ時価総額が比較的軽めで成長性を期待されていそうなのは大崎電気工業(6644)、イード(6038)あたりでしょうか。

スマートロック(電子キー)関連銘柄 大崎電気工業(6644)

6644 大崎電気工業のチャート

大崎電気工業(6644)は電力計(スマートメーター)で国内最大手となる銘柄ですが、2018年からスマートロック「OPELO(オペロ)」の販売を開始しています。

この「OPELO」は既存の鍵を残したまま、配線工事なしで簡単に設置することができ、「OPELO entrance」はオートロック(集団玄関機)にも後付けで設置できるようです。

スマートロックと聞くとインターネット回線との接続が必要なイメージがあったりするかと思いますが、「OPELO」はネットワークを利用しないため、ランニングコストがかからず、通信トラブルによるリスクもないようです。

2022年2月22日に「スマートロック『OPELO』を多言語に対応、大東建託パートナーズに導入」が発表となってますが、スマホや交通系ICカードなど、入居者の持ち物を部屋の鍵に設定できたり、テンキーでの解錠も行えたりで、利便性がとても高そうですね。

不動産管理会社は賃貸物件の内見やリフォーム業者が立ち入る際など、鍵の管理や受け渡しが必要となってきたりするかと思いますが、「OPELO」ならワンタイムパスワード機能により1度きりしか使えないパスワードを用意するだけなので、鍵の受け渡しが不要で鍵を紛失する心配もなさそうですね。

飲食店の開店・閉店時など、鍵を何人かで受け渡したり管理する必要がある場面でも使い勝手が良さそうですが、「OPELO」は更に入退館やタイムカードの機能を加えることで、従業員の入退室や労働時間を正確に管理する機能も用意しつつあるようです。

様々なシーンでのニーズを見込めそうなスマートロック「OPELO」という製品を提供していることから、同社はスマートロック(電子キー)関連の1つとして今後の事業展開や株価推移に注目してみたい銘柄ではないでしょうか。

スマートロック(電子キー)関連銘柄 イード(6038)

6038 イードのチャート

イード(6038)はニュースサイト(Web)を中心としたメディアの運営や、EC事業者向けにショップ運営ASPシステムの提供を行っていたりする会社ですが、株式会社ジゴワッツと自動車の「バーチャルキー」を共同開発しています。

バーチャルキーは自動車の鍵をスマホに置き換えるスマートロックシステムですが、主にレンタカーや、カーシェアリング市場向けとして提供されてきています。

また、この「バーチャルキー」は中古車の買い取り販売を行う「ガリバー」を展開しているIDOM(7599)が2020年9月から始めた「ガリバースマートローン」でも利用されています。

ガリバースマートローンはIDOMが提供するアプリ「Virtual Lock(ヴァーチャルロック)」により、ローン利用期間中の与信管理が可能のようですが、開閉時入金の催促を表示したり、返済が滞った場合は鍵を無効にして車を回収したりすることもできるようです。

もう鍵の解錠・管理は全部スマホで行うのが当たり前になっていきそうな印象ですが、自動車の鍵として使える「バーチャルキー」を展開している同社もスマートロック(電子キー)関連株の1つとして今後の事業展開や株価推移に注目してみたい銘柄ではないでしょうか。

スマートロック(電子キー)関連銘柄の本命株・出遅れ株を上手く狙いたい人は?

日本ではまだこれから更にスマートロック(電子キー)の普及が進むと思いますが、新サービスの起点として使われてきていたりするので、テーマ株「スマートロック(電子キー)関連銘柄」の本命株・出遅れ株はしっかりとチェックしておきたいところです。

まだそこまでスマートロック(電子キー)関連というテーマ性で注目されてきている銘柄は多くない印象ですが、また関連部品を取り扱っている銘柄などから出遅れ株として注目される銘柄が出てくることもあるかもしれませんね。

しかしながら、数ある銘柄の中でどの銘柄に注目し、どのタイミングで投資するかという点で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

スマートロック(電子キー)関連銘柄に限った話ではないですが、テーマ株投資を成功させたいと思われる方や、投資先選びで悩まれていたりする方は、以下のような株情報サイトが配信している最新のテーマ株情報などを日頃からチェックしてみることをお勧めします。

サラリーマン投資家の方や、主婦をしながら株式投資を行われている方など、テーマ性の流れや旬のテーマに絡んだ本命株、出遅れ株を把握するのはとても大変なことかと思いますが、株情報サイトを日々のトレードに活用することで、個別銘柄を分析する時間を省けたり、高いパフォーマンスを期待できる銘柄を狙えるようになったりするかと思います。

テーマ株の本命株・出遅れ株を上手く狙っていきたいと少しでも思われる方は、下記リンク先よりメルマガ登録し、ご自身の目で今後配信となる個別銘柄の株価推移を追ってみて下さい。↓↓

次世代の鍵スマートロック(電子キー)関連銘柄
本命・出遅れ株の最新情報は
"ココ"でチェック!!
投資顧問・株情報サイト【ファイネストアドバイザリー】
投資顧問こんな方オススメ!!
  • 大化けが予想される成長テーマをいち早く知りたい!
  • 本命・出遅れ株の株価急伸を初動から狙いたい!
  • 専門家のアドバイスを参考に投資戦略を立てたい!

メルマガ登録で、『いま』仕込むべき"「期待度大の本命1銘柄」"を無料で配信中!!詳しくは下記からご確認下さい。

無料銘柄の受取りはコチラ